国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  >  事務所からのお知らせ  >  ダイヤモンド・プリンセス号の船内感染等に関する再質問主意書への答弁が届きました。(3/17)

ダイヤモンド・プリンセス号の船内感染等に関する再質問主意書への答弁が届きました。(3/17)

2020年3月17日 事務所からのお知らせ | 国会活動 | 活動報告 tag: ,

<再質問主意書はこちら


内閣衆質201号105号
令和2年3月17日
内閣総理大臣 安倍晋三
衆議院議長 大森理森殿

衆議院議員江田憲司君提出ダイヤモンド・プリンセス号の船内感染等に関する再質問に対し、別紙答弁書を送付する。

1について
 お尋ねの趣旨が明らかではないため、お答えすることは困難である。

2について
 お尋ねについては、先の答弁書(令和2年3月6日内閣衆質201号76号。以下「前回答弁書という」。)2及び3についてでお答えしたとおりである。

3について
 前回答弁書7でお答えしたとおり、外国から来航した船舶に対しては、検疫法(昭和26年法律第201号)に基づく検疫(以下単に「検疫」という。)が行われているところである。また、中華人民共和国から来航した船舶に乗船し入国しようとする者については、検疫において、過去14日以内に中華人民共和国湖北省又は浙江省に滞在したことが確認された場合又は診察の際に新型コロナウィルス感染症にかかっていることが疑われる場合には、当該者に対して御指摘の「PCR検査」を行っているところである。

4について
 お尋ねの「一定の期間」及び「一定の場所」については、派遣された自衛隊員の業務の内容に応じて、最長14日間、駐屯地等の個室等において待機させることとしている。

ダイヤモンド・プリンセス号の船内感染等に関する再質問主意書を提出しました。(3/6)
株式の配当や譲渡益等のを金融所得に係る分離課税に関する質問主意書を提出しました。(3/23)