国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  >  活動報告  >  ムダ遣い解消PT、農水省東北農政局発注事業談合疑惑めぐり農水省からヒアリング

ムダ遣い解消PT、農水省東北農政局発注事業談合疑惑めぐり農水省からヒアリング

2017年4月 7日 国会活動 | 活動報告 tag:

ダレノミクス0406.jpg


 民進党は6日午後、「ムダ遣い解消プロジェクトチーム――ダレノ(誰の?)ミクスプロジェクト」(江田憲司座長=党代表代行)会議を国会内で開き、農水省東北農政局発注事業をめぐる談合疑惑について、農水省から説明を受けた後、公正取引委員会も加えた質疑応答を行いました。


 冒頭、座長の江田けんじから、「談合という形で東日本大震災の復興予算を食い物にし、しかも農水省の天下りOBが関わっているとの疑惑もある。農業土木という昔から利権の温床と言われている事業で、旧態依然とした談合事件が起こったことは大変遺憾であり、さらに、文科省のようなOBによる組織的な天下りあっせんがあるのではないかということも報道されており、予算や権限をバックにした典型的な押し付け型天下りが農水省でも復活しているのではないかという点を、このPTで徹底的に解明していきたい」と抱負を語りました。


 農水省は、建設会社への再就職者について、国家公務員法に基づく届け出ベース(2008年12月31日から2016年9月30日まで。管理職以上)で、11社に13人が再就職をしていると説明したが、報道にあるような東北農政局や天下りOBと談合の関わりについては、「知見がないので分からない」と明言を避けました。


 「2週間以上前から疑惑が報道され、省内でこれまでどういった事実確認や独自調査を行ってきたのか」との質問に対し、当初農水省側は「特に行っていない」と回答するも、議員から「全く危機意識がなく、危機管理がなっていない」と厳しい意見が相次ぐと、「大臣の指示で役所内の調査委員会がゼネコンから聞き取りを行っている」と省内調査を行っていることを認めました。


 次回は、報道内容の真偽について回答を求めるとともに、東北農政局から担当者を呼び、天下りの実態と工事受注の実態のヒアリングを行うこととしました。

定例記者会見(4/5)
ムダ遣い解消PT、内閣部門と合同で厚労省天下り、農水省談合のヒアリング