国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  >  事務所からのお知らせ  >  【毎日新聞政治プレミア】に、江田けんじのインタビュー記事が掲載されました。(3/9)

メディア情報

rssフィード

【毎日新聞政治プレミア】に、江田けんじのインタビュー記事が掲載されました。(3/9)

2022年3月 9日 メディア情報 | 事務所からのお知らせ tag:

 毎日新聞政治プレミアに、江田けんじのインタビュー記事「オミクロン第6波の死者数増は『人災』 首相は現実を直視せよ」が掲載されました。
---------------------------------------------------------------------------

 新型コロナウイルスのオミクロン株は非常に感染力が強い半面、重症化しにくいと指摘されてきた。岸田文雄首相も、諸外国に比べ、感染状況を低いレベルに抑えることができていると胸を張っている。

 しかし、高齢者にとっては非常にリスクの高い感染症であり、死者が多数出ていることを直視しなければならない。

 1日当たりの死者数は2月22日には322人と過去最多となり、3月に入っても200人を超える日がある。オミクロン株が主流の第6波が始まってから約2カ月間で、既に約3カ月間だった第5波の死者数(2766人)を超え、現在も高止まりが続く。新規感染者数はピークアウトしたという指摘があるが、むしろ状況は深刻化しているのではないか。

 政治は結果責任だ。岸田首相は「屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る」というケネディ米大統領の言葉を引用するが、今の政権の対応を見ていると、オミクロンという嵐が来てから、その最中にあわてて屋根を修理しているように見える。

 これでは修理に時間がかかるし、その間に家は水浸しになって多大な損害が出る。そう、対応が後手後手に回り、これだけの死者を出し、救える命を救えなかった。その意味では、岸田首相による人災であり、政治責任と言わざるを得ない・・・

---------------------------------------------------------------------------

このインタビューの全文は、毎日新聞政治プレミアからお読みください。
※この記事全文の閲覧には毎日新聞有料登録が必要となります。

財政金融委員会にて質問に立ちます(3/9)
財務金融委員会で質問に立ちます(4/13)