国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  > 政策  > 政治姿勢

政治姿勢

こんな政治家は一人もいない!

旧(ふる)いやり方(選挙)で政治家になっても、「旧(ふる)い政治家」にしかなりません。そう、選挙から変えないと政治は絶対に変わらないのです。日頃の政治活動から厳しく律しなければ「国民本位」の政治家にはなれないのです。江田けんじは従来の「選挙の常識をくつがえす!」 こんな政治家はどこを探しても一人もいません。

政治腐敗の元、企業・団体献金は1円も受け取らない!

ロッキード事件やリクルート事件以来、数々の政治スキャンダル・腐敗の元には、必ず企業や業界団体等からの献金がありました。 40 年近くこの世界にいて、「お金」で堕落していく政治家の姿も数々見てきました。

その反省の上に立って、細川内閣当時、政治改革の一環として、税金を使って政党助成金(300億円超)を導入する代わりに、企業・団体献金は禁止するとされたのです。しかし、政治家は「脱法行為」「抜け道」を考える天才です。小渕内閣で、企業・団体献金は禁止と称しながらも、それは政治家「個人」に対するものだけで、「政党」には可能という事にしてしまいました。その結果、政治家個人と一心同体ともいえる「政党支部」へなら、従前どおり企業・団体献金ができることになり、企業・団体献金の禁止を骨抜きにしてしまったのです。

こういう国民を欺くやり方、尻抜けの方法を平気で作っておきながら、一方で、税金で年間300億円を超える政党助成金も受け、完全な二重取りとなっているのです。これは国民との約束違反、裏切り以外のなにものでもありません。

特定の企業や団体、利益集団から多額の献金をもらって当選すれば、その後、政治家として「恩返し」、すなわち「口利き」や「利益誘導」をするのは、いわば「人情」です。江田けんじもその「弱い人間」の一人です。いつ何時、この「深み」にはまるかもしれません。

絶対にそうならないために、そして、「世間の常識を国会に!」、普通の人たちの政治を実現するために、江田けんじは企業・団体からの献金を将来にわたって一円も受けとらない、という政治姿勢を当選以来貫いています。

改革を阻む、利権・圧力団体からの組織的支援も受けない!

同じ理由で、普通の政治家なら誰でも受けている、利権・圧力団体からの組織的支援、推薦は一切お断りしています。特定の団体から推薦や組織的支援を受ければ、選挙の時、自動的に大勢の関係者が事務所へ派遣され、ビラ配りや電話掛け等の選挙事務は大変助かります。しかし、その代わり、その団体の言うこと、利益になることを政治家は聞かざるを得なくなるのです。

すべての改革をはばむのは、この「政治家」と「特定の利権・圧力団体」とのゆ着なのです。これに、「常に組織防衛をもくろみ行革に反対する官僚」を加えた「政官業のゆ着打破」こそが、私が政治家として最も重視する目標の一つなのです。

高額チケットを売りつける資金集めパーティーもしない!

政治家は、この不況の折り、一枚二万円もするチケットを企業や団体に半強制的に売りつけます。そして、実際パーティーに行ってみたら、ろくに食事も飲み物もない。こうした経験をお持ちの方も多いでしょう。

 江田けんじは、こんな理不尽な、大々的に政治資金を集めるパーティーも開きません。誰も喜んでこんなチケットは買いません。それでも渋々引き受けるのは、義理か、将来の利益(=口利き)を期待してのことでしょう。一方、政治家は、多額のパーティー券を買ってもらったしがらみで、自らの信条を曲げてしまうこともままあります。企業・団体献金の抜け道として行われている、こうした「ろくでもないパーティー」を開くことは、もう止めにすべきです。

常に国民の側に立ち、有権者に直接国会活動を報告する!

私は幸い、テレビやマスメディアの世界で、多少自らの考えを発信することができます。しかし、基本は、街頭やショッピングプラザ等街頭での国政報告会、年4回の国会活動報告等をまとめた会報の発行・ポスティング、各種座談会・ミニ(車座)集会の開催、ホームページやメルマガの発行などで、節目節目に、お金がかからない方法で、皆さんに直接国会活動を報告することです。皆さん、是非、江田けんじの姿を見かけたら声をかけてください。また、時間をみつけて国政報告会等に参加してください。お待ちしています。

野党再編で、自民党に対抗しうる政権交代可能な一大勢力を結集する!

江田けんじの政治家としての原点は「政界再編」です。2002年に初当選した時も、その選挙ポスターやビラには「あえて無所属、政界再編」と記していました。当時は小泉政権全盛期で「政界再編」など誰も興味がない時代でした。

その思いは今もまったく 変わっていません。無所属議員としてたった一人で始めた政治家人生。その後、試行錯誤の連続でしたが、お約束通り、みんなの党(幹事長)→結いの党(代表)→維新の党(代表)と再編を進め、2016年3月、自民党に対抗しうる政権交代可能な一大勢力として、「民進党」を結成しました。

今の「安倍自民党一強の政治」ではなく、自民党に対抗できる、互いに競争して切磋琢磨できる政党をつくり、二大政党制による緊張感をもった政治にしないと、決して国民を向いた政治は実現しません。国民を無視した政治をすると次の選挙で下野するという緊張感がないと、慢心の、傲慢な政治になってしまうからです。

民間会社も、ライバル企業との競争があるからこそ、少しでも良い製品をつくろう、良いサービスを提供しようと頑張るのではないでしょうか。政治も同じです。「自民党のライバル政党づくり」が必要で、今、自民党が割れる可能性がない以上、野党再編・結集しか選択肢はないと思います。

私は、700人を超える国会議員の中で、ある意味、「再編!再編!再編!」と言い続けてきた特殊な政治家なのかもしれません。が、そんな政治家が一人ぐらいいても良いじゃないか、皆が同じことをする必要はない、審判は選挙で受ける、というぐらいの気概で、これからも、この私、江田けんじの原点である「政界再編」「野党結集」に更なる覚悟をもって取り組んでまいります。