国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  >  活動報告  >  予算委で総理と論戦しました(12/13)

活動報告

rssフィード

予算委で総理と論戦しました(12/13)

2021年12月14日 活動報告 tag:

20211214b.jpg12月13日(月)午後、総選挙後、初の予算委で岸田総理と論戦しました。

20211214d.jpg20211214e.jpg

そうでなくても「批判ばかりの野党」と、いわれのない批判を受け続けてきたので、
  ①補正予算
  ②コロナ対策
  ③新しい資本主義

について、提案も交えながら淡々と行いました。

写真のパネルは、岸田総理がしきりに「成長」の果実を「分配」に、と言うので、アベノミクスで成長していない、直近で「潜在成長率」(中長期的な日本経済の実力)はゼロ付近にはりついている(日銀統計)。

20211214a.jpgしたがって、今後、「成長戦略」がカギになるが、そのための、技術革新(イノベーション)の原動力である国立大学の「運営費交付金」が安倍政権になって大きく削られ、逆に「競争性資金」を増やしている。

 結果、何が起こっているかと言えば、大学運営の「共通経費」に予算がとられて、研究費が減らされ、「競争性資金」をとるために、研究者がその申請等に時間をとられ、研究時間も削られる。

20211214c.jpgこれでは日本の研究開発力はどんどん落ちていく、是非、こうした基盤的経費の予算を増額すべきだという提案をしました。

来年早々の通常国会では、もっと本格的な論戦をしてまいりたいと思います。

新型コロナウイルスの感染抑止のための下水道検査に関する質問主意書の答弁が届きました。(5/28)