国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  予算委論戦①...オミクロン死亡者は第5波を上回る!

カテゴリー月別

予算委論戦①...オミクロン死亡者は第5波を上回る!

2022年2月25日  tag:

 オミクロンは、感染力は強いが重症化率は低いとか、2月上旬には感染のピークを越えたとか、岸田首相も会見で「感染状況は諸外国を下回る」とか、危機感のないことを言っていますが、このパネルを見て下さい。
【画像】第1波から第6波の期間における国内の死亡者数.png

 既に第5波の死亡数(2766人)を先週17日に超えました。しかも第5波は約3ヶ月間の総数ですが、今回の数字(3061人)はまだ2ヶ月間の数字です。その後も増え続け、4000人を越えました。

【画像】1日ごとの死者数.png

 一日当たりの死亡者数を見ても、17日に270人、過去最多となりました(その後、22日に322人と過去最多を更新)。


 政治は結果責任です。岸田首相は「検討する」「努力する」とは言います結果が伴っていません。3度目のワクチン接種の遅れや救急搬送困難事案が週5千件を越える(病床ひっ迫)などで、本来救えた命が救えなかったということです。


 その意味で、これは「人災」「首相の責任」です。今、この国難の折に、権限と財源を持っているのは政権にある者、すなわち首相だけなのです。


 岸田首相も先週の会見で「何よりも国民の命を守る」ことが重要と言いました。にもかかわらず、ここまでの死亡者を出したこと、これだけの国民の命を守れなかったことについて、率直に反省や謝罪の弁はないかと問いましたが、何もありませんでした。

通常国会前に地元の皆さんとの意見交換の機会をフル活用!
#StandWithUkraine 日本もウクライナと共にある!