国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  目からウロコの財政学講座⑥・・・増税先送りは無責任という人へ

カテゴリー月別

目からウロコの財政学講座⑥・・・増税先送りは無責任という人へ

2016年6月27日  tag:

いやあ、市場は正直ですね。


日本は借金が1000兆円超でGDPの二倍、「もうあとがない!」「待ったなし!」と不安を煽って増税への道筋をつけようと、財務省や御用メディアは躍起ですが、それが非常識なのは、昨日来の相場が証明してますね。
 

それはそうでしょう、彼ら市場は「切った貼った」「儲かるか儲からないか」、真剣勝負ですからね。単なる財務省の「プロパガンダ」とは覚悟のほどが違う。


今朝の朝刊から見てみましょう。ますは読売新聞。
「英国のEU離脱の是非を問う国民投票を控え、東京債券市場では安全資産とされる国債が買われ、長期金利の代表的な指標となる新発10年物国債の利回りが一時、マイナス0.210%まで低下し、五営業日連続で過去最低を更新した。」


次に日経新聞。
「先進国では安全性が高い国債へ資金が流れ込んでおり、日本でも国債利回りは連日、過去最低を更新し、プラス金利の国債は全体の2割弱まで減った。離脱ならさらなる低下が見込まれる。」
 日本国債がデフォルト(債務不履行)するとか、暴落するとか、ここでも言っている人がいますが、そんな危ない国債なら市場は買いません!


目からウロコの財政学講座⑤・・・増税先送りは無責任という人へ

舛添氏、メディアがつくってメディアが葬った・・・「虚像」に踊る日本
目からウロコの財政学講座⑦・・・増税先送りは無責任という人へ