国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  安倍政権の10の不都合な真実①・・・安倍首相のなりふり構わぬ批判に答える!

カテゴリー月別

安倍政権の10の不都合な真実①・・・安倍首相のなりふり構わぬ批判に答える!

2016年7月 8日  tag:


【批判】

 民進党は批判するばかりで何の対案も提示していないではないか。


【お答え】

1. 自民党は「1億総活躍政策」を言い出したが、その中身は同一労働同一賃金も最低賃金1000円も子育て・介護の充実も民主党時代及び民進党の主張の丸写しではないか。自分たちは政策の「パクリ」をやっておいて、対案がないと誰に言っているのか。「盗人たけだけしい」

2. 民進党は、先の通常国会で64本もの議員立法を提出している。「批判ばかりで対案がない」という批判自体が、全く現実を見ていない。

3. しかも、与党は介護、子育ての処遇改善、日本の領土防衛に最も重要な「領域警備法」といった、我々の対案を店晒しにした。

4. 「対案がない」という根拠なき批判をしながら、議論から逃げているのは政府・与党であることは明らか。

目からウロコの財政学講座⑧・・・増税先送りは無責任という人へ
安倍政権の10の不都合な真実②・・・安倍首相のなりふり構わぬ批判に答える!