国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  ミャンマー軍事政権に毅然とした対応を!

カテゴリー月別

ミャンマー軍事政権に毅然とした対応を!

2021年3月28日  tag:

 こういう残虐行為を目の当たりにしても、毅然とした対応ができないのが日本の常だ。ミャンマーに限らず、中国やロシアに対してもそうだ。

 その背景には、外務省の「事なかれ主義」がある。そして、菅首相も含め、政治家にそれに対抗するだけの外交経験も見識も国際政治の相場観もないからだ。

 ミャンマーと言えば、日本は先進国で最大の援助国だ。菅首相も茂木外相も、口では「日本とミャンマーには太いパイプがあり、今、軍事政権にも働きかけているところ」と言うが、まったく効を奏していないことは、連日の市民の殺戮で明らかだ。

 外務官僚は、他の霞ヶ関官僚も多かれ少なかれそうだが、まずは何か新しい対応しようとすると問題点ばかりが頭に浮かぶ。特に、外務官僚は、伝統的に日本より所管の相手国優先の指向が強い。米国への対応が典型だろう。

 ここまでくれば、年間1兆数千億円にものぼるODA(経済協力)を止める覚悟で軍事政権に圧力かけるべきだろう。中国にミャンマーをとられるなんて言っている場合ではない!

ワクチンの必要数は確保?その内実とは?・・・問題は接種のオペレーション
厚労省官僚深夜の大宴会...鯛は頭から腐る