国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  厚労省官僚深夜の大宴会...鯛は頭から腐る

カテゴリー月別

厚労省官僚深夜の大宴会...鯛は頭から腐る

2021年3月30日  tag:

 昨今、コロナ対応で多忙を極める官僚を擁護する声が強く、法案の字句間違いが異例の多数にのぼっても、やれ、国会の質問通告が遅いだの、資料請求が多いだの、まるで野党の責任のようなプロパガンダが自民党や一部メディアで喧伝されているが、実態はこれ。

 単純に官僚が劣化しただけのこと。その責任は、もちろん、安倍・菅長期政権にある。人事権を悪用した「恐怖政治」、首相自らが国会で百回以上ウソを平気でつく、公文書は改ざん、隠ぺいは当たり前。

 「鯛は頭から腐る」、こんなことを見せつけられては、官僚の士気は地に落ち、右向け右で官僚にも伝染してしまうのは必定。私が若手官僚の時は、今の忙しさの比ではなかったし、法律を何本も作ったが、毎日午前様、それも朝5時が日常だった。当時は土曜も休みではなかったので、たまの休みの日曜は夕方まで爆睡したものだった。

 これを良いとは言わない。しかし、多忙だからミスをする、ましてや、それは野党の責任だなんて、昔の誇り高き官僚は絶対に認めなかった。あくまで言い悪いの問題は別にして。問題をすり替えてはいけない。

ミャンマー軍事政権に毅然とした対応を!
不祥事のけじめ...大臣給与返納の実態とは‼