国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  あらためてトップリーダーを選ぶ意味というものを考えさせられます

カテゴリー月別

あらためてトップリーダーを選ぶ意味というものを考えさせられます

2021年5月30日  tag:

時短協力金の申請に対する未支給率.jpg
(図参照元:東京新聞「時短協力金支給「遅すぎない?」...飲食店「要請するなら約束守って」 1都3県未支給率まとめ

 「ベンチがアホやから、野球がでけへん」(飲食店主)。切実な思いでしょう。

 これまで何度も聞いた、同じ「空虚な言葉」が飛び交いました。昨日の菅首相の「緊急事態宣言の延長」記者会見です。「これからが大事な期間」「短期集中で」「できることは全てやる」「国民の理解と協力を心よりお願い」等々。

 そうした中、私の地元、神奈川でも、時短や休業の協力金の支給が極端に遅れています。3月分がまだ支給されない、5月の連休分の申請は6月末から等々。給料やバイト代も払えず、やむなく「酒提供の通常営業」に踏み切るお店も増えています。

 あらためてトップリーダーを選ぶ意味というものを考えさせられます。

横浜カジノ 中国系も撤退...反対運動に一定の効果
金権主導IOC闇の実態...オリンピックは開催強行か