国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 日々是好日  >  政治は「結果責任」。菅政権に覚悟はあるか?

カテゴリー月別

政治は「結果責任」。菅政権に覚悟はあるか?

2021年3月19日  tag:

この解除については、新聞各紙、TVニュース等で「「お手上げ解除」「宣言疲れ解除」「対策の限界解除」「無策と傍観解除」等々の文字が躍っています。

 しかし、こんな次元で解除して良いんでしょうか?
リバウンド必至の指摘もある中で、実際、5月連休前後に第4波が来て、
またまた緊急事態宣言ということになったら、暮らしや経済、医療に更なる打撃を与えて、いよいよこの「国が終わってしまう」!
 その時、菅首相は一体どう責任をとるのでしょうか?

 政治は「結果責任」です。
特に、こんな国難の時は尚更です。
努力したけどダメでした、でも頑張りました、では済みません。
その意味で、昨日の枝野代表の「解除に反対」明言は、それなりの覚悟で野党第1党の党首として「どっちを選ぶんだ!」と勝負に出たということでしょう。

 元々、菅政権の「経済」と「感染封じ込め」どっちつかずのダラダラ宣言、後手後手対策を前提に議論はできませんが、我々立憲民主党は前々から「短期集中」、困窮事業者や個人、医療機関等への手厚い支援を行いながら、検査やゲノム(全遺伝情報)解析の拡大、水際対策の徹底などで感染を封じ込め、リバウンドを防ぐ「ゼロコロナ戦略」を掲げていますから。


首相 再延長した緊急事態宣言解除方針...リーダーシップを誇示したいだけなら結果責任を
ご参考まで...政府及び各省庁の緊急支援策について