国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  連載/日米自動車交渉秘録⑤・・・ジュネーブ最終交渉 2日目

カテゴリー月別

連載/日米自動車交渉秘録⑤・・・ジュネーブ最終交渉 2日目

2017年2月22日  tag:

95年6月27日(火)ジュネーブ最終交渉 2日目

 大臣と朝、顔を合わせると調子が悪いことがわかる。顔が腫れている。軽妙な冗談も出ない。11時からのテタテまで勉強会。13時30分から全体会合。かなり補修部品市場、ディーラーとまじめな応答が続く。ウイスラーとは様変わりなカンターの言動に少し期待。ディーラーシップ、補修部品ともエキスパートでそれぞれ検討させることを決定。

 17時から再びテタテ。ここでボランタリープランの共同声明案がカンターから出される。カンターがノートする前提で、部品購入額、調達率、完成車の輸入額が記され、それを両大臣がウェルカムするとなっている。また企業ごとのボランタリープランの数字を秘密で見せてくれ、それは絶対漏らさない。漏らせば首覚悟というカンターの言葉まで出てきた。

 テタテ後全体会合。結果は無残。ノープログレス。ボランタリープラン。互いの立場を述べ合っただけでデプティへ。ディーラーシップ。上に同じ。ただしカンターはダウンペイメントは合意にクリティカルという。公取の強化。総理・3党へ話をすることを約束。上の2項目がほとんど何の指示も下りていない。坂本や渡辺がかわいそうな内容。これから彼らは徹夜で決裂への舞台づくりをすることになる。

 ホテルに帰った後大臣と2人。これは決裂、制裁である。デプティーは何ら案文をまとめられないだろう。お手つきという意味ではカンターがダウンペイメントにこだわったことは大きい。301で理解する国もあるが、これは数値目標そのもの。またボランタリープラン公表はぎりぎりの努力と自動車メーカーの身綺麗さを少しは表明できる。

 いずれにせよ、江田から「大臣頑張られたが決裂覚悟ですね」と言う。大臣もその通り、ありがとうと言ってくれる。ecn1411150007-p1.jpgのサムネール画像

連載/日米自動車交渉秘録➃・・・ジュネーブ最終交渉に出発
連載/日米自動車交渉秘録⑥・・・急転直下の決着