国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  > 2007年

カテゴリー月別

シリーズ/なぜ国際貢献なのか?・・・ (10) 司令塔と人材と基本法と

2007年12月24日

 これまで、私なりの国際貢献のあり方について述べてきた。いや、「国際貢献」という、少し国際社会から距離をおいた、第三者的表現ではなく、「国際社会での責任(役割)分担」と言った方が良いかもしれない。  

more >

シリーズ/なぜ国際貢献なのか?・・・ (9) 国益とは何か? 石油の安全保障

2007年12月17日

 また、「テロ新法」制定派が、何に窮したのか、この頃しきりに強調するのが「石油の安全保障・安定供給」である。インド洋上でのテロ抑止活動が、結果的に「シーレーン防衛」に繋がっているという点にもふれる。

more >

シリーズ/なぜ国際貢献なのか?・・・ (8) 国益とは何か? 日米同盟

2007年12月10日

 テロ新法をどうしても成立させなければならない、と強迫観念にかられている人たちの言うことを聞いていると、「日本の国益」のため、ということに尽きるらしい。しかし、ここでもお得意の「思考停止」がある。  

more >

シリーズ/なぜ国際貢献なのか?・・・ (7) 無茶苦茶な論理『テロ特措法』

2007年12月 3日

 その為政者のレベルの低さというか、はたまた「米国追従の確信犯」とも言うべきか、その象徴的な事例が「テロ特措法」だった。この自衛隊の海外派遣の新たな原理原則を決める法律が、極めていい加減なロジックで、

more >

シリーズ/なぜ国際貢献なのか?・・・ (6) 為政者のレベルが低すぎる

2007年11月26日

 私は、外交・安全保障面では、基本的に政治家、というか為政者を信じていない。これが長年にわたる官僚生活と、数年間の、政権中枢たる首相官邸勤務からくる結論だ。「集団的自衛権」に対する私の考え方のコペルニ

more >
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10