国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  無所属での出馬を決意!・・・仲間が選別され見殺しにされている

カテゴリー月別

無所属での出馬を決意!・・・仲間が選別され見殺しにされている

2017年10月 2日  tag:

 突然の民進党(衆議院議員候補予定者)と希望の党の合流決定により、今回の総選挙に、私、江田けんじがどういう立場で臨むかを巡って、皆さんに大変ご心配をおかけしていることに、まずはお詫びを申し上げます。
 
 結論から申し上げますと、私、江田けんじは、熟慮の末、「無所属」で立候補することにいたしました。希望の党とは、安倍自民党政権を倒し、政権交代を成し遂げるという点では一致するものの、合流の過程において、多くの私の同志、仲間が「選別」され、公認を得られないという状態に陥っています。こうした状況を目の当たりにして、私がその希望の党に行くわけにはまいりません。

 かくなる上は、政治家江田けんじの原点(無所属で2回当選)に立ち返り、しがらみのない立場から一人で、この選挙戦を戦い抜きたいと思います。そして、選挙の後は、再び、再編に身を投じ、同じ志を持つ政党、政治家であれば好悪を問わず連携し、自民党に代わる政権担当能力のある政党づくりに全力をあげてまいる決意です。

 引き続き、皆さんのご理解ご支援を心からお願い申し上げます。

はい、ミサイルが日本上空を飛びました。でも衆院議員はおりません(安倍首相談)