国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 子育て親バカ奮闘記  >   「半沢直樹」、社会現象・・・「やられたらやりかえす!倍返しだ!」

カテゴリー月別

 「半沢直樹」、社会現象・・・「やられたらやりかえす!倍返しだ!」

2013年9月23日  tag:

  「半沢直樹」、すごいですねえ! 視聴率が40%近く。堺雅人さん演じる銀行員、半沢が、メガバンクを舞台にトラブルや陰謀に立ち向かう物語。私も妻や子供たち(龍と翔)に散々言われて途中から参戦しましたが、たしかに面白かった。と思ったら、もう最終回。なんでそれまで見なかったか、後悔!

 今では「やられたらやりかえす!倍返しだ!」が世間ではやっているようです。やはり、大和田常務のようなワルは、どの組織にもいるということでしょうか?ただ、最終回、ドラマの世界だけでも「正義は勝つ!」「悪は駆逐する!」という結果になってほしいものだと見ていたら、う~ん、何ですか? この結末は。不正をはたらいた大和田常務は取締役への降格のみ。半沢は子会社への出向。世の中の不条理を表してみたのか? 不完全燃焼で次のシリーズ、または映画化で引っ張ろうというテレビ局の魂胆なのか?

 まあ、しかし、冷静に(冷静じゃなくても)考えれば、「やられたらやりかえす!倍返しだ!」は、昔の「ハンムラビ法典」の世界、「目には目を!歯には歯を!」ではあるまいか。江戸時代の「仇討ち」と言ってもよい。近代刑法では「自力救済」といって禁止されているものですよね。

 下の翔(8歳5カ月)までがテレビを見ながら「やられたらやりかえす!倍返しだ!とつぶやいているのを聞くと、親として「教育上どうなんだろうか」とつい思ってしまう。んですよねえ..。考えすぎか? 

大発見!オオクワガタを飼っていたケースから、幼虫が二匹!
祝!レッドソックスALリーグ優勝!上原投手MVP受賞!