国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  衆院小選挙区割りの変更により、都筑区の一部地域が神奈川8区に!

カテゴリー月別

衆院小選挙区割りの変更により、都筑区の一部地域が神奈川8区に!

2017年4月20日  tag:

「一票の格差是正」のための衆院小選挙区割りの変更が答申されました。


 お隣の神奈川7区(横浜市港北区・都筑区)の人口が、「最少小選挙区の二倍未満」という基準を2万人弱オーバーするため、その調整が必要ということでしたが、結局、最小限の人口移動(都筑区の一部地域を8区に編入)で決着しました。


 当初は、黒岩知事、林市長が「緑区と都筑区を入れ替える」というとんでもない案を区割り審に提出し、地元有権者に混乱をもたらしましたが、「二万人弱の人口調整のために35万人超の有権者が従来の選挙区から切り離される」という不合理な案が是認されるわけがなく、区割り審の極めて合理的な今回の判断に心から敬意を表したいと思います。


 知事、市長案は、行政区を分割すれば選挙事務、行政事務が煩瑣になるというものでしたが、そうした「役人の都合」より「有権者の立場、権利」を尊重、優先すべきでしょう。「行政のエゴ」は許されません。知事、市長に猛省を促したいと思います。


(参考・・・変更案)
 7区から8区に編入される区域 人口:22,626人(推計)
荏田東町、荏田東1~4丁目、荏田南町、荏田南1~5丁目、大丸
(注)荏田町は、荏田北、荏田西、荏田町が青葉区、上記荏田各町が都筑区と、そもそも同じ町が二つの行政区に分割されていたこと自体が変則だった。今回はそれを統合したという意味でも合理的。


関連自治会
荏田南連合自治会 
柚木荏田南連合自治会 
渋沢連合自治会 

「共謀罪」も「テロ対策」と言えば国民はだまされて賛成してくれる?
憲法改正、必要か、不必要か?・・・その莫大な政治的エネルギーをどこに優先的に投入するか?