国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  一刻も早い国政調査権の発動を!・・・近畿財務局の職員が自殺

カテゴリー月別

一刻も早い国政調査権の発動を!・・・近畿財務局の職員が自殺

2018年3月 9日  tag:

 この国は一体、何度こうした惨事を繰り返せばいいのか! 悲しいことに「嫌な予感」が当たってしまった。

 一刻も早く、国会の正式な権限である「#国政調査権」を発動して、徹底的な真相究明を行わなければ、更なる犠牲者も出かねない。この惨事を受けてもなお、自民党は発動に反対するというのか!

 公文書管理の最終責任者は、法律上も内閣総理大臣だ。安倍首相は財務省一人に責任を転嫁しようとしているが、そもそも この問題の発端は、昭惠夫人の名誉校長就任と複数回の講演(「私に小学校のことで何かできることがあれば」)ではないか!

 トップは責任をとるためにある。麻生財務大臣だけでなく、安倍首相の責任も免れない。#森友 #決裁文書 #改ざん 

(森友決裁文書の改ざん問題、急展開へ・・・朝日の確証記事)    http://www.eda-k.net/column/week/2018/03/tbs1022.html

(近畿財務局の男性職員が自殺か・・・森友の国有地売却問題で対応)
2018/3/9 13:42 ©一般社団法人共同通信社
 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を巡り、財務省近畿財務局の担当部署で対応に当たった男性職員が7日に神戸市の自宅で死亡していたことが9日、兵庫県警の捜査関係者などへの取材で分かった。自殺とみて調べている。
 麻生太郎財務相は9日、「内容は聞いている」と述べた。財務省内で記者団に語った。
 近畿財務局は地中から見つかったごみ撤去費として約8億円を値引きし2016年6月、森友学園に国有地を売却。17年2月に値引きの問題が発覚した。この職員は発覚当時、担当部署に在籍しており同年1月、取材に対応していた。

森友決裁文書の改ざん問題、急展開へ・・・朝日の確証記事
部下は部下、我関せず、人事は適正・・・厚顔無恥の麻生大臣会見