国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  プーチンが大統領令でサハリン2を接収へ・・・政府はエネルギー安全保障の見直しを!!

カテゴリー月別

プーチンが大統領令でサハリン2を接収へ・・・政府はエネルギー安全保障の見直しを!!

2022年7月 2日  tag: , , , ,


次の動画は今年4月13日の財務金融委での私の質疑。



 サハリン1、2のエネルギー安全保障上の重要性ばかりを言い募り、制裁の対象とはしないとする政府に対し、この時点で、プーチンが「非友好国」の出資を「接収」する可能性を指摘。「最悪の事態」を想定し、代替策を検討すべきことを提案。

 と言うのも、ロシアには「前科」があるんですね。2006年9月に突然、サハリン2の工事承認を環境破壊を口実に取り消して、それを取引材料に露ガスプロムを参入(筆頭株主に)させました。

 平時でもこういうことを平気でやる国ですから、日本企業参画のエネルギプロジェクトは今後、軒並み国有化でしょう。エクソンモービルやシェルはそれを見越して早々に撤退しました。

 財務金融委でも指摘しましたが、こんなリスクのある国に、日本のエネルギー安全保障の一角(LNG輸入量の約1割)を委ねていることこそ、大問題でしょう。「アーク2」からも手を引くべきです。

本当のこと聞きたいなら江田けんじ⑦・・・悪夢のようなアベノミクス?/最悪のシナリオは『一気に国債暴落、金利急上昇で財政も経済も破たん