国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  「豚積み」「ふくらまし粉」! 何が「緊急」経済対策だ!

カテゴリー月別

「豚積み」「ふくらまし粉」! 何が「緊急」経済対策だ!

2022年11月23日  tag:


この基金という奴。

麻生政権の頃から流行りだして、今や百数十もあると言われているんですね。
その実態が伏魔殿。

 記事にあるように、やれ景気対策だ、補正予算だ、見栄えを良くしろ、額をもっと積めと、やいのやいの言われる霞ヶ関が知恵も無く、積算もできないので、もっともらしい理屈をつけて、とにかくお金を積んどくところ。

 私は「豚積み」と言っています。
積んだ瞬間、政府としては「支出」となるので、予算執行率100%。
繰越しにも不用にもなりません。既に使ったことになるんです。

 でも、積んだ先の基金(公益法人等)が何に使っているかのチェックが行き届かない。
また、元々実需がない予算の「ふくらまし粉」なので使い残す。

 私が、今回の29兆円規模の補正予算の中味がスカスカと言ったのが、この基金約9兆円と、萩生田政調会長の一声で一晩で4兆円積みました予備費(つかみ金)のこと。
全予算額の半分近くが年度末までにはほぼ使われませんね。

 何が「緊急」経済対策なんでしょう。
それもすべて財源は借金。あ~あ。

コロナ予算18兆円使い残し・・・野放図な「やってるふり感」のあきれた実態