国民一人一人の夢を実現できる社会を実現したい

江田けんじ 衆議院議員 神奈川8区選出(横浜市青葉区・緑区・都筑区)

文字サイズ
Home  > コラム  > 今週の直言  >  安倍首相。「賭博立国」を目指す!/カジノに続いて「麻雀賭博」を解禁へ

カテゴリー月別

安倍首相。「賭博立国」を目指す!/カジノに続いて「麻雀賭博」を解禁へ

2020年5月23日  tag:

 安倍さん、カジノに続いて、賭けマージャン(常習賭博)まで解禁ですか?
 
 この3年間だけで、月に2~3回、賭けマージャン(同席記者証言)をしていた「常習賭博犯」の黒川氏に「訓告」。そのまま「辞職」を閣議決定。「訓告」は、国家公務員への処分としては、単なる「注意」と同じ。黒川氏は、退職金7000万円どころか、大企業の顧問弁護士で悠々自適、将来は栄えある「勲章」(瑞宝重光章)までも。

 また、「テンピン」(掛け金のレート。1000点で100円)の「常習賭博」は罪に問わないということになれば、これからは大っぴらに「賭けマージャン」が横行。日本中で流行るかも。となれば、歴史上、初めての「民間賭博」(カジノ/競輪競馬等は公営競技)の解禁に続き、安倍さん、あなたは「賭博立国」を目指すんですね。

 しかし、なぜ、ここまで、安倍首相は検察に「弱腰」なのか、なぜ、ここまでして「黒川検事総長」にこだわったのか。それは「すねに傷」が多々ある、そこまで生殺与奪の権を検察に握られているということではないでしょうか。

 森友、加計、桜と、検察が本気で捜査すれば一発でアウト!となるような案件ばかりでしょう。例えば、「森友」で言えば、2014年4月28日の近畿財務局と籠池氏の面談記録。「桜」で言えば、ニューオータニで開催された「前夜祭」の明細書。

 今に始まったことではないですが、この国は、安倍政権になって、「法の支配」「法治国家」の根幹が崩れ去ったということではないでしょうか。

#黒川 #高検検事長 #検察庁法改正 #」検事総長 #訓告 #退職金 #定年延長

安倍総理が検事総長を代えてまで阻止したいものとは?・・・#検察庁法改正の強行採決に反対します